外国人の方も多い教会

手羽先やういろう、味噌カツなど、独自の食文化が根付いている名古屋は、東京や大阪に肩を並べるほどの都市圏を形成しており、日本三大都市の一つにも数えられています。ユニークな食文化が取りざたされることが多い名古屋ですが、ほかにも見所がたくさんありますし、観光地としても一定の人気を獲得しています。そんな名古屋市にあるヒズコールチャーチは、近隣の静岡や三重、岐阜といった地域からも多くの方が礼拝に訪れるという教会で、2人の主任牧師によって運営が行われています。このエリアの主要駅でもある大須観音駅からわずかな距離にあるため、アクセスは抜群に良く、主要道路も近くを通っているため、それも礼拝に訪れる方が多い理由の一つではないでしょうか。

ヒズコールチャーチでは、日常生活の習慣として6つのことを掲げているということで、教会に訪れる方も当然、この習慣を守ろうとしているのではないでしょうか。毎週ほかのクリスチャンと集まり、心からの賛美と礼拝を捧げる、いついかなるときでも簡単な言葉を使って祈る、毎日聖書を読むといった習慣を掲げています。また、ネガティブな気持ちがあるときには自分の心を瞬間的にイエスに明け渡し、心をキレイに保つという習慣も掲げているのです。人間誰しもネガティブな気持ちになることはありますし、前向きになることができず、何もかもうまくいかないということもあります。そのようなときはイエスに気持ちをいったん預け、心をキレイに保とうとすることで活路を見出すことができるということなのでしょう。こうした日常生活の習慣を6つ、ヒズコールチャーチでは掲げています。この情報は、ヒズコールチャーチのホームページでも公開されているため、興味のある方は見てみると良いでしょう。

ヒズコールチャーチにはいくつもの特徴がありますが、特に外国人の礼拝者が多いというのは大きな特徴ではないでしょうか。ヒズコールチャーチには日本人だけに留まらず、多くの外国人が礼拝に訪れています。アメリカやカナダといった、日本よりもはるかにキリスト教が布教している国に生まれた方も礼拝に訪れていますし、中国や韓国などアジア圏の外国人も礼拝に訪れているのです。ヒズコールチャーチでは通訳サービスも充実させているということで、外国人のクリスチャンも訪れやすいのではないでしょうか。曜日や時間帯によっては中国語やポルトガル語の通訳を利用することもでき、外国人の方にとってもハードルの低い教会になっているのがわかります。また、ヒズコールチャーチはより多くの方に足を運んでほしいという思いで、ユニークかつ楽しいイベントも数多く行われています。

誰もが受け入れられる場所

名古屋と聞いてまず思い浮かべるのは、織田信長や豊臣秀吉、徳川家康といった三英傑という方もいるでしょう。名古屋は彼ら戦国大名ととてもゆかりのある地域ですし、現在でも三英傑を祀るイベントなどが行われています。そうした理由から歴史ファンからも熱い視線を送られている街ですし、三英傑ゆかりの地を巡るために名古屋に訪れるような方も中にはいるでしょう。そんな歴史文化ある名古屋の街で活動を続けている教会が、ヒズコールチャーチです。名古屋市中区で暮らしている方だとヒズコールチャーチについてはご存知の方もいるかもしれません。中区大須という日々賑わいを見せる街に、ヒズコールチャーチはあります。毎週大勢の方が礼拝に訪れるプロテスタントの教会として、地域住民からも親しまれています。

教会にまったく縁がないという方からすると、教会へは何をしに行くのかという疑問を抱いてしまうかもしれません。確かに敬虔なクリスチャンでもないと、毎週礼拝に訪れるようなことはないでしょうし、教会に行ったことが一度もないという方もいるかもしれません。せいぜい結婚式などで、教会に併設されたチャペルに足を運んだことがあるくらいではないでしょうか。なんとなく神聖で厳かな印象もありますし、クリスチャンでもない方が足を運ぶのは少々躊躇ってしまうかもしれません。その点、ヒズコールチャーチはそのようなことは気にせず、誰でも気軽に足を運んでほしいというスタイルです。ヒズコールチャーチに限らず、多くの教会ではそのように考えているでしょうし、別にクリスチャンではないから行ってはいけないということもありません。

ヒズコールチャーチは、キリスト教に特別興味がない方にも、教会に足を運んでほしいという考えを発信しています。それをきっかけに神の福音を聴くことができるかもしれませんし、クリスチャンとして生きていくきっかけになるかもしれないからです。ヒズコールチャーチの主任牧師は、もっとたくさんの方にイエスキリストの素晴らしい教えを広めたい、たくさんの方に幸せになってほしいとの考えを述べています。それこそがヒズコールチャーチ主任牧師の務めであり、使命であるとの認識を持っているのです。そうした想いがあるからこそ、ヒズコールチャーチでは誰もが気軽に訪れることができるような教会づくりを進めているのでしょう。地下鉄大須観音駅から徒歩で訪れることができるほどアクセスの良い立地のため、気になった方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

敷居が高くない教会

ヒズコールチャーチは、名古屋市中区大須にある教会です。プロテスタントの教会として地域住民からも親しまれ、現在では毎週200人以上の方が足を運ぶ教会になっているということで、知名度も高まっていると言えます。主任牧師である細江夫妻によって2004年にスタートしたヒズコールチャーチには、幅広い年齢層の方が礼拝に訪れます。まるで家族のようなアットホームな雰囲気の中で礼拝が可能で、その様子からは好評を博しているのが見て取れます。大きな家族のような雰囲気の教会だと、ヒズコールチャーチの主任牧師も述べていますし、誰もが気軽に足を運びやすい教会であることは紛れもない事実でしょう。さらに、さまざまな国の人が集まるインターナショナルな教会でもあり、バイリンガルサービスを充実させたことで、さらに多くの外国人礼拝者が訪れるようになっていくのではないでしょうか。

ヒズコールチャーチについてはこちらをチェック!

教会の中には、宗教法人の認可を受けずに運営されているところもあります。その点、ヒズコールチャーチは文科省から宗教法人の認可を受けているのです。こうした安心感も、多くの人が足を運んでいる理由の一つなのかもしれません。気持ちに余裕がないとき、何かにすがりたいとき、神様に助けてほしいなど、教会に足を運ぶ理由は人によってまちまちですが、あまり深く考えることなく気軽に訪れても良い場所です。実際、ヒズコールチャーチもそのような姿勢を打ち出し、クリスチャンでなくても気軽に礼拝に来てほしいとの考えを発信しています。もっと人々にイエスキリストの素晴らしさを伝えたい、教会に足を運ぶことがそのきっかけになればいいという思いが込められているのです。

ヒズコールチャーチは、名古屋市営地下鉄鶴舞線の大須観音駅が最寄り駅となっています。駅から徒歩圏内にありますし、電車でのアクセスも便利な立地と言えるでしょう。もちろん、周辺には大きな道路も通っていますから、車でヒズコールチャーチにアクセスすることも可能です。ヒズコールチャーチの公式ホームページには詳しいアクセスの方法が記載されていますし、駅からの道順が動画で案内されています。このため、ヒズコールチャーチに礼拝に訪れてみたいという方は、そちらにも目を通してみましょう。気軽に礼拝に訪れてみるのも良いでしょうし、ヒズコールチャーチが主催しているイベントに参加してみるのも楽しいかもしれません。ヒズコールチャーチでは一年を通して、さまざまな楽しいイベントが開催されています。キャンプやクリスマスパーティーなどもあるということで、魅力を感じた方は参加してみるのも良いのではないでしょうか。

インターナショナルな教会

東海地区で特に栄えているエリアと言えば、やはり名古屋ではないでしょうか。名古屋市は、東京や大阪と並んで三大都市と呼ばれることもありますし、中心市街地には近代的な街並みが広がっています。観光名所も多く、一年を通して多くの方が足を踏み入れるエリアでもありますが、そんな名古屋市の中区にあるのがヒズコールチャーチです。ヒズコールチャーチは名古屋市中区を拠点とするプロテスタント系のキリスト教会で、幅広い年齢層の方が訪れています。赤ちゃんからおじいさん、おばあさんまで、あらゆる世代の方が訪れる教会として、地域の方からも慕われていますし、まるで大家族のような雰囲気の教会という声もあります。名古屋に在住のキリシタンの方であれば、ヒズコールチャーチに足を運んだ経験がある方は多いのではないでしょうか。

ヒズコールチャーチがスタートしたのは、2004年と公表されています。主任牧師夫妻によって2004年に教会が開かれ、それ以降、現在に至るまで多くのクリスチャンの憩いの場になってきたのは、支持率を高めつつ存続しているということで想像に難くありません。ヒズコールチャーチは、文科省から宗教法人の許可も受けている教会で、そういう意味でも安心して訪れることができますし、カップルや家族で訪れる方も少なくないといいます。教会は祈りを捧げに行くところですし、安心感という部分は大切ではないでしょうか。安心感を抱けない教会で祈りを捧げるということは現実的ではないでしょうし、そう考えるとヒズコールチャーチが多くの方から慕われているのも納得できます。また、ヒズコールチャーチはインターナショナルな教会でもあるため、訪れるのは日本人だけではありません。それは、この教会の公式Webサイトを閲覧するだけでも把握できることです。

ヒズコールチャーチには日本人だけでなく、アメリカやカナダ、フィリピン、中国やロシアといった国々のクリスチャンも大勢祈りを捧げに訪れています。まさにインターナショナルな教会と言えますし、ヒズコールチャーチでは国境の枠を超えて、多くの方が交流を深めています。同じ宗教観を持つ違った国々の人々が、一つの場所に集まり祈りを捧げるというのは、それだけで素晴らしいことではないでしょうか。ヒズコールチャーチはこれからもインターナショナルな教会でありたい、より多くのクリスチャンに門戸を開きたいという考えを発信しています。水曜と日曜日の礼拝は、すべて日本語と英語のバイリンガルサービスとなっているのもヒズコールチャーチの特徴で、これなら外国人の方も訪れやすいのではないでしょうか。

ビジョンや価値観について

敬虔なクリスチャンという方であれば、教会へ礼拝に訪れたことがあるはずです。日本では宗教の自由が認められていますし、当然キリスト教も認められています。キリストを信じる方々が祈りを捧げる場所、それが教会ですし、日本中にたくさんの教会が存在します。東海地区を代表する大都市でもある名古屋にも教会はいくつもありますが、名古屋の中心部でもある中区にヒズコールチャーチはあります。ヒズコールチャーチは2004年に牧師夫妻によってスタートした教会で、すでに10年以上の歴史があることになります。地域の方からも慕われているという教会で、日常的に多くのクリスチャンが足を運んでいる様子を目にすることもできます。さまざまなイベントも行われているということで、中区に在住のクリスチャンであれば、ヒズコールチャーチのことをよくご存知の方もいるのではないでしょうか。

ヒズコールチャーチの主任牧師は2人います。主任牧師の2人は夫婦で、2人でこの教会を盛り立ててきたといいます。主任牧師の細江氏は、学生時代から剣道に打ち込んでいたという人物で、インターハイや国体に出場していたほどの腕の持ち主なのだそうです。そんな彼でしたが、17歳のときにイエス・キリストに出会ったことで、聖書を学ぶことになったといいます。その後、2004年に名古屋でヒズコールチャーチを創立することになったのは既に述べた通りです。イエス・キリストとの出会いが、文字通り彼の運命を大きく変えたのでしょう。なお、同じく主任牧師である細江由美さんは、滋賀県で生まれ育った方で、高校生のときにイエスキリストと出会うことで救われたということです。その後、細江氏と出会った彼女は結婚し、名古屋でヒズコールチャーチの創立に関わることになったというわけです。

ヒズコールチャーチでは、いくつかの信じることを掲げています。これは教会なら大抵どこでも掲げているのでしょうが、ヒズコールチャーチも例外ではなく、信じることをいくつか掲げています。ヒズコールチャーチでは良い知らせ、すなわち福音を信じると説いていて、神はすべての人を愛し、全人類のために素晴らしい計画を持っているということを信じています。また、愛と感謝の関係、謙遜と尊敬、プロ精神、使命に生きることという、四つの価値観を掲げていることも、ヒズコールチャーチの特徴と言えるでしょう。すべての人間関係に愛と感謝を表すことに価値観を感じていて、どのような人にも愛と感謝の気持ちを持って接することが大切だと説いています。また、ここで言う使命とは、イエスの弟子づくりに励むことだと説かれています。